皆さん、朝夕冷え込む季節になりました。寒さや乾燥が厳しくなるにつれてインフルエンザが流行し始めます。インフルエンザの感染力は非常に強く、日本では毎年約1千万人、約10人に1人が感染しています。インフルエンザから一人ひとりを守るためには、まずインフルエンザそのものを知ることが大切です。正しい知識と行動でインフルエンザにかからない・うつさないようにしましょう。

① 外出時には、マスクを着用しましょう

② うがいや手洗いを日常的に行いましょう

③ 咳エチケットを守りましょう

④ 十分に栄養や睡眠をとり、体力や抵抗力を高めましょう

※咳エチケット
○咳・くしゃみが出たら、マスクを着用しましょう
○マスクがないときは、ティッシュなどで口と鼻を覆い、他の人から顔をそむけ、離れましょう
○鼻汁・痰などを含んだティッシュは、すぐにゴミ箱に捨て、手を洗いましょう
○咳をしている人に、マスクの着用をお願いしましょう

なお、インフルエンザの予防接種は、重症化を予防する効果があります。
流行が始まる前に摂取すると効果的です。
医療機関にお問い合わせの上、インフルエンザ対策に心がけてください。