こんにちは。吉田病院広報委員会です。

さて、今回は「吉田病院野球部」の新監督や主将に今年の目標などを挙げて頂きました。

<新監督の挨拶>


<野球部監督:桃園大輔>

今回、吉田病院野球部の監督に就任致しました桃園大輔です。

この歴史ある当院野球部の監督ということでプレッシャーもありますが、まだまだ若いチームですので、これから大きく成長してくれると思います。

選手達には野球だけではなく、人として、社会人として成長出来ることを目標に、「日々の行動が大切であること」、野球の結果にも繋がることであり、

日々の行動の重要さを伝えています。

日頃から多大なるご理解、援助をしてくださる理事長先生をはじめ、ご協力していただいている職員の皆様に喜んでいただけるような結果を残し、地域の皆様にも応援していただけるようなチームにしていきたいと思います。

選手達も一生懸命、練習に取り組んでいますので応援の程よろしくお願い致します。
野球部監督 桃園 大輔

<野球部主将より今年の目標>


↑<野球部主将 河内 大樹>

入社10年目、主将を務め2年目のシーズンを迎えました、河内大樹です。

昨シーズンは、思うような結果が残せず、悔しいシーズンとなりました。私達を応援して下さる方々には、悔しい思いをさせてしまい、大変申し訳なく思っております。昨シーズンの結果を重く受け止め、今シーズンこそは絶対に勝つ!!と決意し、冬季練習では例年以上に走り込み・トレーニングを積んでおります。また、選手各々が野球に対する取り組み方や仕事、私生活面を見直し、全てが野球に繋がるという事を念頭に置き日々を送っております。まだまだチームは若手も多く、未熟で全国大会を経験したメンバーは多くありません。

しかし、若いチームであるからこそ、勢いよく全力疾走・全力プレーを徹底し、今まで出来なかった事をどうすれば出来るようになるのかチーム全体で追求していく事が勝利への近道ではないかと考えています。

チームは、今シーズンより桃園大輔監督になり新体制としてスタートします。野球部一同新たな気持ちで真摯に野球に取り組み、今、野球が出来る事を有り難く思い、私達、吉田病院野球部を理解し応援して下さる全ての方々への感謝の気持ちを忘れず、「勝利」という形で恩返しが出来る様、日々精進して参ります。今シーズンもご声援の程よろしくお願いします。

野球部主将 河内大樹