長い梅雨の後、厳しい暑さが続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、お盆の帰省を見送った方もおられるのではないでしょうか。当院でも患者様が楽しみにしていた季節のレクリエーションが中止になったり、規模が縮小されたりと、残念な気持ちになることもありますが、この状況をみんなで乗り越えていくために前向きに捉えていきたいですね。

私達栄養課では、入院中であっても季節感、特別感を味わってもらいたいと思い、毎年夏期限定メニューやイベントメニューをご用意しています。

今回はその中から夏期限定の冷たい麺類と、今年のお盆期間のメニューを写真と一緒にご紹介します!

・冷麺

・冷やしとろろそば

・冷や麦

この他に、冷やし茶そば汁や、酢そうめんなど、小鉢や汁物として登場する時もあります。

めんつゆは手作りしていますが、冷たいめんつゆを作るためには分量の調味料を一度沸騰させ、その後出来るだけ短時間で冷まして作ります。温かい麺つゆを作るよりも時間と工程はかかりますが、きりっと冷やし、夏らしく仕上げています。

その他にも、今年はお盆の期間に

・赤飯

・アナゴ丼

・チキン南蛮

等も提供しました。

赤飯はお祝いの定番なので、食器の中に入っているたけで華やかな気持ちになりますね。小豆から炊きあげているので、きちんと豆の香りのする赤飯ができます。

患者様からもご好評をいただきました!

秋から冬にかけては、栗ごはんやおでんなどを提供する予定としています。

より一層食事が入院中の楽しみと感じていただけるように、これからもスタッフ一同取り組んでまいります。