桜の時期も終わり、新緑の頃となりました。長引く新型コロナウイルス感染症のため、昨年に引き続きお花見を自粛されたご家庭も多いのではないでしょうか。

当院では、例年4月8日の花祭りに「花見弁当」を提供しています。お弁当と言っても、外出し桜の下で食べるのではなく、院内で食べます。コロナ禍でなくても、入院中の方は外出が難しい場合があるため、気分だけでも春らしさを感じて頂けたらとの思いで、彩りやメニュー内容を考えています。

今年はお弁当の帯もデザインを一新し、より華やかになりました!

【☆令和3年4月8日のメニュー☆】

・ゆかりご飯  ・フライドチキン ・ダシ巻き玉子

・エビグラタン ・ポテトの金平  ・そうめんのすまし汁

フライドチキンは、2020年の2月に初めて当院で提供された新しいメニューです。以前より鶏の唐揚げの人気が高く、行事食などのメイン料理として定番となっています。鶏の唐揚げと同じように、多くの患者様に好まれるメニューを増やしたいと考えていたため、フライドチキンの試作に取組みました。唐揚げと差別化させるため、衣に使用する粉類の配合などを厨房スタッフで話合い、納得のいくレシピに仕上げました。ボリュームもあり、好評を頂いています!今後も長く愛されるメニューとなってくれればと思っています。

普段のメニューより品数が多い事もあって、「豪華だね」や「春らしくて嬉しい気持ちになる」との声がありました。

多くの量を召し上がる事ができない患者様が、普段より箸が進む事もあり、季節感や特別感のある食事は入院中の患者様にとって大きな楽しみである事がわかります。今後も、その楽しみをより充実させる事ができるよう、栄養課スタッフ一同精進してまいります。

吉田病院 栄養課 岡澤